大阪で眼瞼下垂の治療を行っています

手術を受けて良かった

結果、病院を受診したときには進行しており、視野がかなり狭まっていたとのことでした。
友人の話を聞いても、この症状について知らずに放置してしまうと、手術を受けるような事態になってしまって大変だと強く感じました。
初めにたるみに気がついたとき、自分では眼瞼下垂であることに気がつくことができなかったです。
年齢を重ねたら起こる可能性が高い病気ですが、恥ずかしいことにそこまで知識を持っていませんでした。
自分の身を守るためにも、こういった知識を持っておくことは大切だと強く実感しました。
夫のおかげで素早く病気であることに気がつけて本当に良かったです。
気づいてくれなければ自分も見過ごしていたので、手術が必要になるほど進行するまで問題に気がつけなかった可能性も高いと言えます。
1度この症状になってしまうと、点眼薬を使っていても完治することはないそうです。
根気強く症状と向き合っていく必要はありますが、最悪の事態は免れたのでこれからも治療を頑張っていきたいと思っています。
自分がなるまで知りませんでしたが、眼瞼下垂は手術をしなければならないことも多い大きな問題なので、違和感を覚えたときには早急に医療機関で診てもらうことが大切だと感じました。

まぶたの垂れ下がりが気になるようになりました眼瞼下垂の施策を大阪で受けることに手術を受けて良かった